ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  パチスロ基礎知識・上級編  »  設定変更の見分け方・その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設定変更の見分け方・その2

設定変更判別その2【リールのガックン

設定変更の見分け方の一つに朝一回転目のリールの『ブレ』があります。

俗に言う『ガックン』ですね。

設定変更すると、大体の台は朝一回転目のリール始動時に

何か引っかかった様な動きをします。


何故このような事が起きるかと言うと、設定変更を行うとパチスロ台の内部では

リール上中段に777が揃った状態になり、実際のリール上では揃っていない為

そのズレを修正する為に一回転目に不自然な動きをするのです。

店側は店内の全てのパチスロ台を開店前に777を揃えておく事でガックン対策

を行う事が出来るので、注意が必要です。

しかし、その場合でも設定変更を見抜く事は可能です。

前日の閉店前に次の日打つ台を回して、中リール中段に7を止めておく事で

設定変更した場合『ガックン』が発生します。

777が揃っていてもです。

また、店側は開店前に故意に全部の台を一回転回す事で対策してくる場合も

ありますが、この場合は諦めましょう。

前日の閉店前に次の日打つ台のリール上の出目をメモっておけば、

その様な対策を行っているかどうか見分けられますよ(*^^*)

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ピエール

Author:ピエール

スロプロ歴7年の現役プロです。
4号機時代は年収1000万円を稼ぎ出す事に成功しました。
パチスロで勝つ為のマインドや技術を初心者の方にも分かりやすい形で解説していきます。

最新記事
メインメニュー
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。